osakanadokei
プロフィール

umiemi

Author:umiemi
こんにちわ。
踊りやってます。
海大好き。いつか海を見ながら生きていきたい。
今は まだまだ踊ります!

ありがとうございます
☆☆☆
otenki
晴れるかなぁ・・・

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
えっと どのお魚を載せたのか どのお魚を載せてないのか
わかんなくなりつつ今日この頃

見直せば良いって話ですが、ちょっと そういう所がメンドクサイ人なので
感 でいきます

今日のお魚は コケギンポ


お気に入り~

踊りの場合。。あ、私の場合?

先生の動きを 瞬きを忘れるほど ガン身しながら 自分の動きになるまで
そりゃーもう アホか?というくらい マネをして覚えていました。

すげーっ と感じるものには もの凄い執着心を発揮します・・・

怖いです・・・

たぶん 誰も近づけないと思われます。

そんなものを自分で出しているのも 自覚しています。

マネを繰り返し やっていく過程で 段々自然に身体が そのポジションに行けるようになる感覚。

その過程では 「こ・・・こんなはずじゃ・・・・・」ってな事も多々ありましたが
恥を恥とも思わない図々しさで 乗り切ったわけです。

だって 上手になりたかったんだもん。大好きな先生にとって必要な自分に ダンサーになりたかった。

とにかく 良く言えば 素直
変に言えば 執着心の塊 ・・・こわっ

ま、どっちでも良いんだけど やりたいと思った事は やりたいわけ。

踊りの話になると 熱くなってしまうので すみません

↑写真の コケギンポ

このコは 師匠がもの凄く素敵に撮っていて
その写真を見た時に私が思ったのは・・・

すげーーっ・・・でした。

こういうさ~ 柔らかい感じっていうの? 好きなわけ。

色の感じも コケギンポの気持ち?まで想像しちゃうようなさ~
1枚の中に 物語的なモノを感じる感覚? ダラダラとした物語じゃなくって ふふ~んっていう物語。

このわたし。さっそく撮る機会があったので、マネしてみました あはっ

何枚撮ったか解りません。ものすごく撮りました。

ここでも執着心を発揮し、毎回撮ったんじゃなかろうか?

やっぱりさ、まだまだ師匠には 追い着けないわけだけど、
一応 結果出せた感 あります

また 絶対に撮りたい。もっと上手に撮りたい。

チャチャっと行って じーーっくり撮る。そんな思いを心の奥~の方へ押し込んでっと。。
明日も踊ります



 







スポンサーサイト

2008/09/16(火) 23:32 | コメント:2 | トラックバック:0 |
コメント

ももんが

わかる、わかる!その踊りに対する執念深さ。
私もそうだったなぁ。
まねっこする。でもしきれない。
私のことを言えば、ずっと究極の選択だった。
ダイエットとテクニックの。
痩せてスタイルを保っていられるか?でも踊りはそこそこ。
または、踊りが超うまい、けれど、デブ。な~んてね、いつも考えていたよ。今思うと笑っちゃうけれどね。
でも、上手になりたかった。

リハで、3日間名前を呼ばれなくて、振り付けも貰えなくて壁の華だった帰りの電車の中で涙したなぁ。
『私は振付家から、必要とされてないんだ』
って。
悔しかったし、哀しかったよ。
だからがむしゃらに頑張ったけれど、どうも、自分ツメが甘いんだよね。
で、今に至る、、、、。

話は変わるけれど、
『コケギンポ』って変な名前だね。
何科のお魚さん?
何だか、妙に笑える名前を付けられてしまって、この『コケギンポ』君は、どんな事を思うのかな?
あ、でも何だか親しみやすい名前で私は好きです。

emi : ももんがさん

いつも危機感を持っていましたよね~ 戦いでした。あんなに夢中になれる事って そうそうないと思うし、ああいう思いをする事も人生の中であまりないですよね。でも凄く充実していたし、きついからこそ そこから生まれる喜びは何にも変えられないものでした。
好きな事をやっているのに 泣くほどの悔しさ。。それだけ真剣だったし なにしろ負けず嫌いなんですよね~
自己アピールが苦手な分、上手く行かなかった事も沢山あるけど、ひた向きな頑張りが 私達の宝ではないでしょうか~(笑・・・と自分をフォローしちゃったりなんかして(≧∇≦)

コケギンポって 変な名前ですよね~~ 「苔?」みたいな・・・ 愛嬌があって表情も豊かで可愛いです。
「スズキ目 コケギンポ科」と辞典に書いてあります^^;
多分 自分でも人気があるのは 解っているんじゃないかと 私は感じます(笑
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。